ストーカー被害に関する相談とは

ストーカーというのはいきなりくることがあります。いきなり出現することがあるわけです。知り合いである可能性というのが最も高く、元恋人とか元伴侶というのがとにかく多いですが、本当にまったく一度も会ったことがない人、ということも稀ではありますが存在しています。とにかく、どの場合でも警察に相談をすることが最良の一手であることをよく理解しておきましょう。即座に動いてくれることはないかもしれませんが、それでも相談をした実績を積むことができます。後はさらに具体的な被害が出てきたら記録を残しておくことです。警察がやってくれることとして警告があります。要するに本人に対して、これ以上のことをしたら逮捕する、ということを警告してくれます。いきなに逮捕というのは本当に精神的ではなく、肉体的に被害でもない限り厳しいことになります。ストーカー規制法があるのですが、それでも厳しいですから、証拠を残しつつ、身の回りのことは自分で守ることが必須になります。