高校時代にいじめを受けていた体験談

私は高校2年生の時にいじめを受けていた体験があります。最初は、1対1の口喧嘩から始まったのですが相手が仲間を引き連れてきたので、その影響でいじめへと発展してしまったのです。
この時のいじめの内容では、教科書に落書きをされてしまったり、物が無くなってしまったり、無視をされてしまったりもしていたのです。このような状況が毎日続いてしまい担任教師にも相談したのですが、一時的にはいじめは無くなったので良かったとかんじていましたが、数週間経ちますとまたいじめが始まり最終的には不登校となってしまったのです。

私はこの状況から抜け出す為に両親に相談を行い、学校側と話をしてもらう事になったのです。これがきっかけとなり学校内で問題となって、私を含めいじめを行っていた当事者の両親、私の両親と話し合いを行う場が設けられて、いじめを受けていた人たちから謝罪をしてもらう事になり、このいじめ問題については解決される事になったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です