私が29歳の時、25歳の女性からストーカー行為をされました。

この女性がストーカー化する前、交際していました。
こう書くと痴情のもつれと思われるかもしれませんが、私は交際して三ヶ月目ぐらいから別れたいと話していました。
ただ、この時彼女は無職だったこともあり、今は○○(私のこと)さん無しの生活を考えられない、せめて次の仕事が決まるまで別れないで欲しいといわれました。
私の自宅と彼女宅とは40kmほど離れており、実際彼女が就職すれば私に会いにくる時間も無くなるだろう・・と考えて仕方なしに別れずに現状維持をしました。
この情けを掛けたのがさらに執着心を増大させてしまったんでしょうね。

結局彼女の仕事は決まらず、別れを告げてから半年経過してもまだ無職の状態でした。
このまま関係をずるずる続けるわけにもいかないので、私はもう十分役目を果たしたし、就職に関係なく今年中に別れると12月上旬に告げました。
そして彼女は無職のまま新年となり、そこでちゃんと別れました。

一週間ほど彼女から何も連絡なかったんですけど、ある日私が帰宅すると自宅近くに彼女の車が停まってました。
車種と色も同じですし、彼女の車なのは間違いありません。
いやだな~と思いつつ自宅へと向かいました。
車内に彼女は潜んでいて、私の帰宅に気づいて車から降りてきました。
私は無視してたんですが、よく見ると彼女の手にはナイフがありました。
こればアカン・・と思って自宅に帰るのは諦め、ひとまず車に戻りました。
おそらくそのまま自宅に向かっていても、カギを開けたりしてる間に追いつかれていたと思います。
しばらく友人宅に避難し、深夜2時頃に自宅に向かうとまだ彼女の車はありました。
仕方なくその日は友人宅に泊まらせてもらいました。
翌日に自宅に向かうとまだ彼女の車はあります。
結局自宅に戻るのは諦め、100kmほど離れた実家に戻ってしばらく生活しました。
ストーカー対策マニュアルを見て、一応警察にも届けました。
自宅近くに交番があったので、その交番で相談をしたんです。
しかし男性が女性からのストーカーを訴えても、警察は全然協力してくれませんでした。
私は一方的に追い掛け回されてる状態なのに、警察はそれこそ痴情のもつれだと判断したんでしょうね。

結末はここでは書けないような結果となりましたが、この事件以来女性と関係をもたないようになりました。

私は子供の頃にいじめを受けたことがあります。
当時私は小学五年生、相手は同じ学校の上級生で小学六年生の先輩でした。

イジメられるキッカケとなったのはお年玉です。
私はお年玉をもらってもすぐに使わず溜め込むほうでした。
まあ今の方々からすると少ないでしょうが、今まで溜め込んでいた貯金とお年玉とで手元に7000円というお金がありました。
それを三学期が始まった時に今年のお年玉は多くて7000円ぐらいあったんだよねって自慢しました。
この自慢が上級生の耳に入ることとなり、上級生から呼び出しをくらってお金を出せ・・と迫られました。
当然お金なんて渡せませんし、拒むと殴る蹴るの暴行を受けました。

この時私に両親がいれば相談も出来たんですが、実は私、両親がいなかったんです。
私が4歳の時に母親はなくなり、父は不倫相手の所にいって行方不明、そんな私を母方の祖父母が引き取って育ててくれました。
当然私達を育てるのに苦労してましたし、そんな祖父母に上級生に脅されてる・・なんていえなかったんです。
するといじめはエスカレートし、自転車で○○まで送れとタクシー代わりに呼び出されたり、自転車で道路を走ってると前方をいきなり遮られて転ばされて怪我したり・・なんてことをされました。
お金も、まとめてでなくてもいいから月に500円ずつ渡せと脅し取られました。
結局私はキレました。
何かあった時はこれで刺して殺そうと思ってたカッターナイフを取り出して刺しにいきまいた。
この現場は学校の給食室近くの裏門だったのですが、これを見かけた給食のオバチャンが間に入り、刺し殺すのは未遂に終わりました。
ただこれで上級生も強いショックを受けたんでしょうね。
この未遂事件以降、いじめられることもお金を取ろうとすることもなくなりました。

私は2年前に近隣住民より嫌がらせを受けた事がありますが、嫌がらせを受けるきっかけとなったのは今住んでいる地域に引っ越してきて2カ月たった頃になります。

この時に関しましては、私が今住んでいる地域に来た際にゴミ出しの日を間違ってしまった事がきっかけとなります。

私はこの地域でのゴミ出しの日に関しましても以前住んでいた街と同じ曜日に出すと勘違いしてしまい、この時に近隣住民より注意されたので次回より気を付けていたのですが、ある日突然と態度が急変し、私がゴミを出す時間帯になりますと、ゴミを出す場所に近隣住民の人が居て、私が出すゴミに関しましては全て確認するのです。

私は自分だけではなく他の人のも行っていると思っていたのですが、他の住民のは確認もしないで私のゴミを確認しますとその人たちは家に帰ってしまうのです。

確認されていた時は少しでもゴミの分別がされていない場合は、全て返却され再度仕分けを行わなければならなかったのです。

私は高校2年生の時にいじめを受けていた体験があります。最初は、1対1の口喧嘩から始まったのですが相手が仲間を引き連れてきたので、その影響でいじめへと発展してしまったのです。
この時のいじめの内容では、教科書に落書きをされてしまったり、物が無くなってしまったり、無視をされてしまったりもしていたのです。このような状況が毎日続いてしまい担任教師にも相談したのですが、一時的にはいじめは無くなったので良かったとかんじていましたが、数週間経ちますとまたいじめが始まり最終的には不登校となってしまったのです。

私はこの状況から抜け出す為に両親に相談を行い、学校側と話をしてもらう事になったのです。これがきっかけとなり学校内で問題となって、私を含めいじめを行っていた当事者の両親、私の両親と話し合いを行う場が設けられて、いじめを受けていた人たちから謝罪をしてもらう事になり、このいじめ問題については解決される事になったのです。